冬、急な冷え込み注意したい病気の予防は?

yukigesiki

ここ最近、急に冷え込んできました。

北海道の札幌では一気に雪景色だそうです。

強い冬型の気圧配置が続いた影響で北海道では日本海側を中心に広く雪が降り、札幌でも一気に景色が冬のものに変わりました。
札幌の積雪は今朝6時の時点で25センチに達しました。11月前半で25センチの雪が札幌で積もったことは過去50年を振り返ってもなかったことで、記録的な雪となりました。
駐車場に止めてある車にもどっさりと雪が積もっています.
引用元
tenki.jp 札幌は一気に冬景色に

素足で部屋にいるだけで、足が冷たくなってくるなと思いました。
からへの移り変わり。
暖房やストーブ、こたつなどに頼っている方もいるでしょう。

気をつけたい冬に多い病気

という季節は、急激な冷え込みによって体の機能も鈍くなってきます。
に気をつけたい病気原因には
部屋の温度と外の温度差で、体温が急激に変化する為になると言われています。
これらには、全て血液の流れが関係しています。

心筋梗塞・・・心臓疾患も夏に比べて2倍になると言われています。

・・・冬の寒さにより手と足と同じように肛門も冷えてくるため肛門の防御因子の低下によって免疫力が低下すると言われています。

脳卒中・・・高血圧症の方は、気温の急激な変化が起こりやすい冬に注意が必要です。

腰痛・・・ぎっくり腰になりやすいのも寒さで体が硬くなるので注意が必要です。

関節痛・・・

冬の病気の予防法

急激な温度変化を避ける・・・外出時は寒さに耐えられるように手袋、マフラー、ブルゾンなどを着用し防寒を十分にしましょう。

筋肉をゆっくりほぐす・・・ゆっくり息を吐きながら体の各部を伸ばします。
お風呂上がりなど、体を温めて冷えないように服装に気をつけて行うと効果的でしょう。

38度ぐらいのお風呂に入る

寒い冬だから
温かい(熱い)42度ぐらいのお風呂に入った方が良いように感じますがお風呂上がりに血圧が急に下がりやすくなるそうです。38度ぐらいだとお風呂上りの血圧の変化が少ないので負担がすくないそうです。

最後に

冬の病気を防ぐ為には体の内側、外側から体温を下げない逃がさない工夫が必要です。

最近は、ヒートテックシリーズで寒さもかなり楽になりました。
それでも下半身が冷えたりする方は、
最近流行りのふくらはぎ健康法レッグウォーマーを履くといいみたいです。

関連リンク・参照リンク
ミーテライトロングは楽天で購入できる?口コミは?感想は?
ふくらはぎを揉んだけど血圧は下がった?あがった?
冷え性克服やっぱり食べ物は身体を作る。
Meron・・・冬に気をつける病気について
tenki.jp
解消 足冷え もうぬくぬくで手放せないレッグウォーマー比較ランキング





“冬、急な冷え込み注意したい病気の予防は?” への2件のフィードバック

  1. […] 寒くなってくると体の異常が発生してくる。 冬、急な冷え込み注意したい病気の予防は? […]

寒波到来急な冷え込み大雪に注意そんな時こそ | ふくらはぎ専門チャンネル にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ